ブース紹介

ブース紹介

ニイガタ超会議2018では、next21 6階新潟市民プラザと1階アトリウムにて5つのブース出展を行います。

新潟今昔写真プロジェクトによる写真展示ブース | にいがた北青年会議所ブース | 白根青年会議所ブース | 白根青年会議所ブース | 新潟青年会議所ブース

新潟今昔写真プロジェクトによる写真展示ブース

私たちが普段何気なく暮らしている場所も、昔の姿を知ることで違う一面を見ることができ、街の移り変わりを知ることで、街の素晴らしさを再確認して頂きたく、新潟今昔写真プロジェクト様に写真の出店をお願いしました。新潟 開港150周年に先駆け、港をテーマにした写真を皆様にご覧いただくことで、 新潟の港の歴史や文化を知っていただきたいと思います。 写真を通じて街の変遷を知り、新潟の街並みを過去と現在の視点で比較することで 現代の新潟が過去から成っていることを視覚的に体験できます。その変遷が生み出す課題を考察し、未来の新潟を思い描くことで、フォーラムやファンクション の内容をより深く理解できますのでぜひともお立ち寄りください。


にいがた北青年会議所ブース

新潟市北区では、北区を活性化させるため、地元の名産品(豚肉、野菜)を使用したオリジナルのご当地ちゃんこ鍋「めっちゃんこ女子」が作られました。平成29年10月には、にいがた北青年会議所が中心となり地域の飲食店が多数参加する「ちゃんこ鍋スタンプラリー」が開催されました。ニイガタ超会議2018においてはその話題のちゃんこ鍋を食べることが出来ます。そこから北区の地域発展の礎を垣間見ることが出来、まちおこしの一つの可能性を体感していただけます。


白根青年会議所ブース

白根青年会議所では、「白根大凧合戦」で有名な大凧に加え、白根青年会議所が平成24年3月から運営している駄菓子屋「ガンギ屋」に関するブースを出展いたします。駄菓子屋「ガンギ屋」は子供たちの遊び場、地域住民の交流の場として利用されており、ニイガタ超会議2018においてブース出展を行うことで、「ガンギ屋」をさらに多くの方に知ってもらい、今後の街作りを活性化してまいります。


新津青年会議所ブース

新津青年会議所の活動地域である秋葉区には町の中心部から身近なところに様々なランドマークがあり、地域の宝である里山「秋葉丘陵」においても自然の中に公園や遊歩道、名所旧跡、歴史・文化施設や観光施設等が整備され、来訪者でにぎわっています。そして、この秋葉丘陵を舞台に新津青年会議所も含めた市民団体等が多彩な活動を盛んに行っており、里山の環境保全や利活用がすすめられています。このような環境を次代へ引き継ぐための取り組みを、太古から繰り広げられてきた人の営みとあわせて秋葉区ならではの「里山文化」と位置付け、これを磨き高めることでまちづくりにつなげようと、平成29年より市と協働で取り組んでいます。この「秋葉区里山文化 未来への種」を皆様に知っていただき、自然豊かな新潟市の新たな取り組みをご紹介します。


新潟青年会議所ブース

新潟青年会議所の過去と現在の活動から新潟の今までの発展と新潟青年会議所とが密接に関係していることを発信いたします。過去に行ってきた様々な事業と現在の事業、そしてこれから行う「開港150周年記念事業」への参加について皆様に知っていただき、新潟の発展の歴史と今現在抱えている課題を浮き彫りにし、これからのまちづくりの取り組み方について知っていただくためのブースです。

日時/2018年6月30日(土曜日) 13:00~18:00
会場/新潟市民プラザ NEXT21 1階アトリウム
〒951ー8061 新潟県新潟市中央区西堀通六番町866番地

PAGE TOP