ファンクション1

ファンクション1

志民委員会N・Visionプロジェクト」の世話人代表である木山 光 氏、株式会社和僑商店ホールディングス 代表取締役である葉葺 正幸 氏、国立大学法人新潟大学 人文社会・教育科学系(創生学部担当)である澤邉 潤 氏をお招きし、新たな社会価値を生み出すリーダー論についてパネルディスカッションを行っていただきます。

人口減少が進む現代社会において次代を担う若者たちも減少しています。次代を担う若者たちに、3名の出演者が取り組まれている本業及び社会活動の話を通じて、将来の社会には目的意識をもち、新たな社会価値を生み出すリーダーが必要であることを認識してもらいます。

〔講師プロフィール〕

木山 光 氏

木山 光氏は1996年に木山産業株式会社入社。2009年に代表取締役社長に就任し、現在に至る。「志民委員会N・Visionプロジェクト」の世話人代表として、新潟市民が自ら望む将来のまちの姿を思い描き、市民がリードする形で行政と連携し新潟市の発展に向けた活動を行っている。また、多種多様な団体に所属されており、新潟市の夢の実現に向けて提言・実行し続けている。

葉葺 正幸 氏

葉葺 正幸氏は、「いつか経営者になる」という思いを持ち、1995年愛宕商事株式会社入社。その後、米どころという新潟の地域性を活かしたおむすび店を創業し、銀座「十石」というブランドで東京を中心に展開している。2009年には糀を使ったドリンクなどを販売する古町糀製造所を開始、さらに発行に携わる老舗企業の事業継承などを経て、おむすび以外にも糀、酒、味噌・漬物の事業を行う和僑グループとして事業を拡大している。人口減少時代に、どのように事業を存続させていくための挑戦を続けている。

澤邉 潤 氏

澤邉 潤氏は、2011年に国立大学法人新潟大学 教育・学生支援機構 特任助教に就任。2013年には准教授に就任し、現在に至る。教育工学を研究領域とし、特に教育(人材育成)活動をフィールドとして、そこで行われる教育的営みの仕組みやメカニズムに関心を寄せ、学校との研究、企業との研究など共同的な研究アプローチによって課題への接近を試みている。人材育成を体系的に考え、持続可能な人材育成システムの開発を研究している。

日時/2018年6月30日(土曜日) 13:00~18:00
会場/新潟市民プラザ NEXT21 1階アトリウム
〒951ー8061 新潟県新潟市中央区西堀通六番町866番地

PAGE TOP